投稿日:

天然由来の成分が中心で誰でも安心して利用できるチャップアップ

薄毛は遺伝性の要因のみならず、偏った食生活や乱れた生活習慣などの後天的な原因によっても発症、進行を早めてしまうものです。

だからこそ、薄毛になるのは仕方のないものだと諦めてしまうことなく、対策を行うことによって進行を食い止め、改善を目指すことができます。

その際に利用される育毛剤は昨今数多く出回っていますが、利用の際に気をつけたいのが配合されている成分と頭皮への負担です。

特に近年では女性でも育毛剤を使用するかたが増えてきており、刺激の少ないもの、天然成分が中心で頭皮に優しい商品の需要が高まっています。

そういった意味でも有効成分が非常にシンプル、植物素材で作られているチャップアップは男性はもちろん、女性も安心して利用できる育毛剤として幅広く支持されている商品です。

薄毛を改善するために必要なのもの、育毛剤に求める効果は、頭皮の血行促進、環境の改善、保湿、髪の毛を育てる細胞の活性化などが挙げられます。これは年齢性別関係なく共通しているものです。

チャップアップの有効成分は数多くの育毛剤に配合されていて漢方としても知られているセンブリエキスと、グリチルリチン酸ジカリウム、そして塩酸ジフェンヒドラミンの3種類になります。

非常にシンプルでわかりやすく、この3つがそれぞれ頭皮にアプローチを行い、薄毛の改善を行っていくことができるのです。

口にすると非常に強い苦味を感じるセンブリエキスには頭皮の血流を改善し、紫外線や活性酸素の影響による頭皮の老化を抑制する作用があります。

さらにグリチルリチン酸ジカリウムはニキビケア用品などにも多用されている抗炎症作用のある成分で、痒みや赤みを抑えて頭皮を快適な状態に整えます。

塩酸ジフェンヒドラミンも同様に炎症抑制作用がありますが、それぞれが頭皮環境を正常化させることによって、育毛のための頭皮という土台をしっかり作っていくという基本的な対策を行えるのが強みです。

これらの3つの成分が直接発毛を促すわけではありませんが、健康的な髪の毛を作るための頭皮ケアを行えます。

さらに、皮脂を抑える大豆エキスやドクダミエキス、男性ホルモンと結びついて抜け毛を促進させる5αリダクターゼの働きを抑えるオウゴンエキスやヒオウギエキス、保湿性が高く頭皮を柔軟にするウメ果実エキスなどの働きで頭皮を髪の毛が抜けにくい、太い髪の毛を育てる土壌に仕上げるのです。

チャップアップは無香料なので、いかにも育毛剤といったニオイもなく、日々のケアに利用しやすくなっています。

天然素材で作られているからこそゆっくりと作用し、効果の実感には時間がかかりますが、副作用のリスクなく使い続けられるのが魅力です。

チャップアップの口コミや人気の育毛剤比較

投稿日:

正しい育毛剤の利用方法を知ることが大切です

正しい育毛剤の利用方法
どんなにいい育毛剤を使っていても、その使用方法が間違っていると効果が半減してしまうことがあります。逆に、正しい方法で利用していくことでより高い効果を得ることもできるのです。

育毛剤は1日に1回から2回、夜か朝晩の使用となり、量を多く利用したからといって効果が高まるわけではありません。

逆に、決して安くはない育毛剤の使用量をもったいないからといって減らしてしまうと、期待できる効果も少なくなってしまうでしょう。

基本的に各育毛剤の使用方法に沿って適切な量を適切なタイミングで使っていくのが好ましいので、実際に頭皮に塗布する前に必ず説明書を読むようにしてください。

文字ばかりでわかりづらいというのであれば、大抵の場合はメーカーのホームページで図解つきで詳しく説明されています。

1回の利用の場合には、お風呂に入って1日の汚れを綺麗に落とした後、清潔な髪の毛に使用していくことになります。

濡れた髪に塗布した後にドライヤーをするかたも多いのですが、特に指定がない場合にはしっかりと乾かした後に育毛剤を使っていきましょう。というのも、頭皮の水分の分だけ成分が薄まり、ドライヤーによって揮発してしまうからです。

しっかりと乾かして整えた頭皮に、適量を頭皮全体に塗っていきます。薄毛が部分的なものであっても、薄毛の原因は頭皮全体に渡るものですから、必ず全体に利用していくことが大切です。

さらにそこから成分を浸透させていくために、頭皮全体を軽く揉み込んでいきます。同時にマッサージをしていくように習慣づけていくといいでしょう。

薄毛のかたは頭皮が固くなり、冷え込んでいることが多いので、頭蓋骨から剥がすように頭皮を動かし、指の腹で優しく刺激を与えていけば、血行を促進させて頭皮が徐々に柔らかく変化していきます。

1日2回の利用の場合には、さらに朝のセット時に利用してください。使いかたは夜と同様に、頭皮全体に揉みこんでいくように心がけましょう。

投稿日:

自身の薄毛の症状に合った育毛剤を利用していこう

育毛剤の特徴把握
育毛剤はどれも同じように感じますが、成分の違いによって得られる効果が大きく異なってきます。

高いものほどいい成分が使われていて薄毛改善に強い作用が期待できる、安い市販品はなかなか効かないとは一概には言えないのです。

もちろん、使用されている成分が高級でいいものに越したことはありませんが、何よりも大切なのは自身の薄毛の原因を正確に把握し、それを改善していくための適切な成分が配合された育毛剤を使用していくことになります。そのためにも、育毛剤を購入前にまず自身がどういったタイプの薄毛なのか理解をしていきましょう。

たとえば、頭皮がカサカサしていてフケも多い、乾燥肌を自覚している場合には、頭皮も例外なく潤い不足による抜け毛の増加が考えられます。

そうした場合には、保湿にポイントを置いた育毛剤を利用するのがおすすめです。その逆に脂性で頭皮がべたつくといった場合には、皮脂量コントロールや抗菌効果がある育毛剤が最適でしょう。

冷え性の場合には頭皮が赤くなっていることが多いので、血行を促す育毛剤を利用すると効果的になります。

そのどれもに心当たりがないという場合には、総合的にバランスよく効果が得られる育毛剤を利用し、毛根への栄養補給を心がけるといってください。

昨今では数多くの育毛剤が売られていますので、こうした効果によるカテゴリー選別をしても、その中からどれを利用するべきか迷ってしまいます。

そうした場合にはネットで口コミを確認し、実際に使ったかたの声を確かめてみると参考になります。その上で選んだ育毛剤を、最低3ヶ月程度は試してみましょう。

育毛剤の効果は一朝一夕で表れるものではなく、すぐに変化を確認できません。髪の毛は1ヶ月で1cm程度しか伸びませんから、違いを実感するためには時間がかかります。

特に問題がないようであればさらに半年程度続けてみることで、ゆっくりと違いを感じられるようになるのでしょう。

焦らずに同じ育毛剤を使い続けてみて、気長に対策を行うことが大切です。